Searchina

メニュー

ビジネス

韓国国内で日本車が「売上げ好調」の訳=韓国メディア

2015-02-13 06:34

 韓国メディアのマネートゥデーは9日、2015年に入り日本自動車メーカーの自動車販売台数が大幅に増加したと報じた。

 記事によると韓国の自動車業界は8日、韓国国内においてトヨタや日産などの日本自動車メーカーの販売台数について、14年1月の販売台数である1450台に対して、15年1月の販売台数が2219台となり、前年同月比で53.0%増となったことを発表した。

 記事は、ここ数年の韓国における日本車の販売台数について、「ディーゼルエンジンを搭載している低燃費なドイツ車におされ、不振にあえいでいた」と指摘。しかし15年は、原油価格の下落や円安の影響や、日本自動車メーカーの新車販売戦略が奏功したことをあげ、「大躍進の兆しを見せている」と伝えた。

 また、14年末から「トヨタのカムリ」「日産のインフィニティQ50」「日産のキャシュカイ」「ホンダのアコード」「ホンダのCR-V」などの人気モデルが韓国国内でも続々と発売されたことに加えて、15年から韓国政府がエコカーを対象に、100万ウォン(約10万円)の補助金を支給することによって、「消費者の購入負担が軽くなり、日本車の販売台数の躍進に貢献する」との分析した。

 続けて、15年の日本車の新車発売についても言及。トヨタは3月3日、レクサスの「NX200t」を韓国国内で発売するとし、1日から販売予約を開始している。記事は「ホンダと日産も新車の販売予約を開始しており、ホンダは「レジェンド」を4年ぶりにリリースし、日産は「インフィニティQ50」の上位モデルである、「インフィニティQ70」を今週リリースする予定だ」と報じた。

 これに対し、韓国の輸入車業界関係者が「2月の旧正月あたりは、連休のため販売を伸ばすことに期待はできないが、新車投入も積極的に行われており、当分の間、日本車の販売好調の勢いは続くものと見られる」と話したことを報じた。(編集担当:李樹香)(イメージ写真提供:(C)jipen/123RF.COM) /*snsボタン*/


 

【為替本日の注目点】ユーロ圏の経済指標を受けユーロドル売られる

【為替本日の注目点】ユーロ圏の経済指標を受け...

[ベトナム株]ベトナム人の訪日意向、92.3%が「あり」―電通のジャパンブランド調査

[ベトナム株]ベトナム人の訪日意向、92.3...

NY金、景気減速懸念の後退を背景に下落

NY金、景気減速懸念の後退を背景に下落

【為替本日の注目点】為替市場の膠着状態続く

【為替本日の注目点】為替市場の膠着状態続く

[ベトナム株]TPP11がベトナムの対日本輸出の追い風に

[ベトナム株]TPP11がベトナムの対日本輸...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ