Searchina

メニュー

ビジネス

■ルネサス一時S高も乱高下、25%の売出しに評価分かれる

2017-05-19 13:54

 ▽ルネサスエレクトロニクス <6723> が乱高下。午前9時2分には150円(16.2%)ストップ高の1078円まで上昇したが、ほどなく930円まで下落。13時48分現在は8円(0.9%)高の936円。
   
 18日引け後に発行済株式の約25%に相当する普通株式の売出しを決議。産業革新機構、日立製作所 <6501> 、三菱電機 <6503> 、日本電気 <6701> など大株主が保有する株式を対象に、国内で1億2857万株、海外で2億3877万株、また海外における追加分で上限3581万株、合計4億315万株を売出す。売出価格は17年5月31日に提示される予定の仮条件に基づき、需要状況等を勘案した上で、17年6月12日から同年6月14日までの間のいずれかの日に決定される。
 
 これを受け、最初は車載関連の需要増などを背景に経営再建が完了し、経営の自立化が進むと、肯定的な評価が広がったが、買い一巡後は株式の需給悪化への懸念が勝った格好。増資観測も浮上している。(イメージ写真提供:123RF)
/*snsボタン*/


 

[ベトナム株]スタバ、ハイフォンに初出店―国内29店舗目

[ベトナム株]スタバ、ハイフォンに初出店―国...

【今夜の注目材料】複数の米経済指標が発表予定

【今夜の注目材料】複数の米経済指標が発表予定

【本日注目の通貨ペア】豪ドル/円:利上げ期待後退の中で迎えるインフレ指標

【本日注目の通貨ペア】豪ドル/円:利上げ期待...

ニチリンが上場来高値に接近、17年12月期2Q累計の好進ちょくに期待

ニチリンが上場来高値に接近、17年12月期2...

アムンディ「あんしんスイッチ」、資産の目減りを一定水準に抑える日本初の保証付き資産保全型ファンド

アムンディ「あんしんスイッチ」、資産の目減り...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ