Searchina

メニュー

ビジネス

【今日のドル円】ドル/円、レンジ下限に接近

2017-10-13 09:20

 昨日のドル/円は112円台前半を中心とする弱もちあいが継続。米9月生産者物価指数は前月から伸びが加速して前年比で約5年半ぶりの高水準を記録したが、ドルの反応は限られた。大型ハリケーンの影響が滲んだ公算が大きく、額面どおりには受け止めにくいようだ。

 本日の米9月消費者物価指数や米9月小売売上高(共に21:30)も高めの伸びが見込まれているが、同様の反応となる可能性があろう。また、昨日は北朝鮮の核実験施設付近で地震発生との報道を受けてドル売り・円買いに傾く場面があった。

 中国共産党大会を来週18日に控え、この週末にも北朝鮮が新たな挑発行動に出る可能性を排除できない事からドル/円の上値は重くなりそうだ。今週のレンジ下限である10日安値111.991円や200日移動平均線(執筆時111.814円)はそれなりに堅いと見るが、もし下抜ければストップロスを巻き込んで下げ足を速める事も考えられるため注意が必要だろう

 本日の予想レンジ:111.800-112.800円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

外為リアルタイムレビュー(マーケットの動きをいち早くお伝えします) ‐ 外為どっとコム
外為トゥデイ(チャートや注目イベントの記載で今日の見通しをわかりやすく解説) ‐ 為替相場を研究員が動画で紹介
マネーを育てよう。マネ育。
為替情報・外国為替FX情報ページ ‐ 主要通貨ペアのレートと外為最新ニュース

 

[ベトナム株]18年の最低賃金、都市部は+6.1%引き上げに

[ベトナム株]18年の最低賃金、都市部は+6...

【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:FOMCは「インフレ」がカギ

【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:FOMCは...

【今夜の注目材料】米連邦公開市場委員会(FOMC)

【今夜の注目材料】米連邦公開市場委員会(FOMC)

FOMCを控え、金は小動き

FOMCを控え、金は小動き

【為替本日の注目点】ドル円113円台半ばで横ばい

【為替本日の注目点】ドル円113円台半ばで横ばい


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ