Searchina

メニュー

ビジネス

【為替本日の注目点】ドル円一気に111円台前半まで急落

2018-01-11 09:50

 ドル円は続落し、昨年11月28日以来となる111円27銭まで売られる。クロス円の売りも活発で、米金利の上昇にもかかわらずドル売りが優勢に。NY市場では111円45銭前後で取引きを終える。ユーロドルでもドル安が進み、1.20台に乗せる場面もあったが維持できず1.19台半ばまで押し戻される。ユーロ円も続落し、133円前半までユーロ安が進む。株式市場は反落。金融市場にやや不透明感が増したことから、利益確定の売りに押され、ダウは16ドル安。債券は続落。中国が米国債に対し慎重な姿勢を見せるとの報道に債券は売られ、金利は上昇。長期金利は2.55%台まで上昇し昨年3月以来の高水準に。ドル安を背景に金は反発。原油価格は続伸し63ドル台半ばに。

ドル/円111.27 ~ 111.65

ユーロ/ドル1.1940 ~ 1.2007

ユーロ/円  133.07~ 133.90

NYダウ   -16.67 → 25,369.13ドル

GOLD   +5.60 →1,319.13ドル 

WTI   +0.61  → 63.57ドル  

米10年国債 +0.004 → 2.557%

 
本日の注目イベント

豪   豪11月小売売上高
日   11月景気動向指数
欧   ユーロ圏11月鉱工業生産
米   12月生産者物価指数
米   新規失業保険申請件数
米   12月財政収支

 ようやく動きの出てきたドル円ですが、予想に反して円高方向へと舵を切ってきました。前日の日銀の買いオペ減額がまだ尾を引いているようです。昨日の東京市場では112円台後半までドルが戻したものの、株価の下落や日銀の金融政策に対する不透明感などで円がジリジリと買われ、夕方には久しぶりに112円を割り込みました。

 欧州市場でも円買いの流れは続き、111円台前半まで円高が進みましたが、相変わらず「ドルは下落する時のスピードは速い」の格言通りの速さで、111円27銭まで円高が進んでいます。この水準は11月下旬以来、約1カ月半ぶりの円高水準です。ただ、NY市場では一段のドル安を試す動きはなく、上値は重かったものの、もみ合いに終始しています。前日に続き、米金利の上昇がドルを支えたものと思われます。

 米長期金利は一時2.559%まで上昇しました。この水準は非常に重要なレベルで、これまでも何度か試しては抜け切れずに、押し戻されています。「2.6%の壁」と言われるのもこの為です。昨日債券が売られた背景は中国にありました。「中国の外貨準備を見直す当局者らが、米国債の購入を減らすか停止することを勧告した」との報道がきっかけとなり、債券が売られ、金利が上昇しました。そのような勧告をした理由については明らかになってはいませんが、ブルームバーグニュースでは、米国債が他の資産との比較で魅力が低くなったと見ているほか、米国との貿易摩擦が米国債購入を減額したり停止したりする理由になっているのではないかとの、関係者の見方を紹介しています。前日、ビル・グロス氏が「債券は弱気相場に入ったことを確認した」と述べた翌日の動きで、絶妙なタイミングでした。因みに同氏は昨日もコメントしており、米長期金利は年末までに2.7~2.8%まで上昇すると予想しているようですが、昨日の債券の動きを見たら「その程度か」との印象が残ります。

 米金利との関係が強いドル円ですが、ここ2日は全く反対の動きを見せています。日銀の金融政策への不透明感に加え、昨日の海外市場では112円をしっかりと割り込んだ辺りからストップロスのドル売りも出た模様です。IMMの建て玉でも、「ドル買い円売り」のポジションは高水準であり、投機筋はドル高が進むと予想していた様で、このポジションの解消もあったようです。

 足元のドル円は株高にも金利高にも反応せず、ポジションの解消とテクニカルが示唆するドル安を材料に下落していると考えます。日足ではもともと「雲」が薄かったこともありますが、大きく雲抜けをし、さらに重要な「200日移動平均線」も下抜けしています。もっと言えば、「三角もち合い」も下抜けしています。これだけ材料が揃えば、ドルを売ってみたくなるのは当然です。いずれ、米金利高に「鞘寄せ」されるのではないかと予想していますが、目先ドルの上値が重くなったのも事実です。

 本日は株安と円高が重なり、さすがの日経平均株価も下落が予想されます。どの程度下げるのか。また、ここまでは株を買えていないと言われている個人投資家の買いが、どの程度出てくるのか注目されます。下げても100円以内とか、下げ渋る展開になれば、ドル円は少なくとも東京タイムでは111円台で推移すると見ていますが、予想外の大幅下落だと111円割れテストの可能性も想定されます。その際の下値のメドは、昨年11月27日に記録した110円84銭前後と見ています。本日の予想レンジは110円80銭~111円80銭程度とします。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

今日のアナリストレポート
主要経済指標の一覧表 ‐ 今月の主要経済指標の予想数値、結果の一覧

【為替本日の注目点】ユーロドル2カ月ぶりに1.18台を回復

【為替本日の注目点】ユーロドル2カ月ぶりに1...

金、プラチナを仮想通貨で購入!? スロベニア=SBIゴールド

金、プラチナを仮想通貨で購入!?...

今週の為替相場見通し(2018年9月24日~)=為替王

今週の為替相場見通し(2018年9月24日~...

[ベトナム株]「Zalo」、ホーチミン市内の交通情報を提供

[ベトナム株]「Zalo」、ホーチミン市内の...

【今日のドル円】ドル/円、下値が堅い

【今日のドル円】ドル/円、下値が堅い


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ