Searchina

メニュー

ビジネス

【今日のドル円】ドル/円、昨年来安値に接近

2018-02-14 09:58

 昨日のドル/円は5カ月ぶりに一時107.40円台まで下落した。昨年来安値(107.318円)の手前でひとまず下げ渋ったが、本日の米1月消費者物価指数(22:30)の結果によっては下値追求ムードが再燃する可能性もある。予想を下回れば追撃的なドル売り材料となる公算が大きい一方、予想を上回った場合でも長期金利の上昇が株安に繋がれば円買いを誘発しやすいため注意が必要だろう。仮に107.318円を下抜ける事になれば、105円台まで下値余地が広がるとの見方も出ているようだ。
 ただ、米国株が3営業日続伸するなど足元では市場が落ち着きを取り戻しつつある。米1月消費者物価指数の発表後も米株式市場や米債券市場が落ち着いていれば、5カ月ぶり安値圏にあるドル/円には値ごろ感による買戻しが入ってもおかしくないだろう。なお、米1月消費者物価指数と同時に発表される米1月小売売上高も米経済情勢の観測には欠かせない重要統計であり、その結果にも注目しておきたい。
 本日の予想レンジ:106.800-108.500円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

外為リアルタイムレビュー(マーケットの動きをいち早くお伝えします) ‐ 外為どっとコム
外為トゥデイ(チャートや注目イベントの記載で今日の見通しをわかりやすく解説) ‐ 為替相場を研究員が動画で紹介
マネーを育てよう。マネ育。
為替情報・外国為替FX情報ページ ‐ 主要通貨ペアのレートと外為最新ニュース

 

[ベトナム株]ベトナム企業トップ500、ビンGがトップ10に

[ベトナム株]ベトナム企業トップ500、ビン...

【本日注目の通貨ペア】ポンド/米ドル:採決延期で「無秩序離脱」への不安高まる

【本日注目の通貨ペア】ポンド/米ドル:採決延...

【今夜の注目材料】米11月生産者物価指数

【今夜の注目材料】米11月生産者物価指数

【香港IPO】<12月11日>、創毅控股の初値は0.77香港ドルで公募価格を大幅に割り込んだ

【香港IPO】<12月11日>、創毅控股の初...

月曜日(12月10日)のスポット金は下落。売りが優勢となり、下げ幅を拡大した。

月曜日(12月10日)のスポット金は下落。売...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ