Searchina

メニュー

ビジネス

[ベトナム株]不動産投資目的で帰国の越僑が増加

2018-02-14 21:02

  英系総合不動産サービス会社のサヴィルズ・ベトナム(Savills Vietnam)によると、テト(旧正月)が間近に迫る中、投資向けの不動産購入を目的にベトナムへ帰国する越僑(在外ベトナム人)が増加している。

  越僑の投資を集めている不動産は、中高級マンション(寝室1~2部屋/戸)となっている。ベトナムにおける不動産賃貸の利益はオーストラリアや米国などの先進国よりも魅力的だと評価されているため、ベトナムの不動産への投資需要が増加傾向にある。このほか、外国人による住宅購入条件の緩和も越僑の不動産投資を促す支援材料となっている。

  なお、2017年における越僑のホーチミン市への海外送金額は50億USD(約5450億円)超で、このうち不動産分野への送金額が20%以上を占めた。商業銀行による不動産分野への貸付が抑制されている中、同分野への海外送金が不動産市場にとって潜在的な資金調達チャネルとなっている。(情報提供:VERAC) /*snsボタン*/

Viet Economic Research & Advisory Corp (VERAC)
2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム経済金融情報」「ベトナム株情報」「VIETJOベトナムニュース」の自社媒体を通じ、経済、金融情 報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業730社超の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは22万社を誇る。10年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査、産業調査、市場調査に強み。
 

WTI原油は下落、スポット金は反発

WTI原油は下落、スポット金は反発

【今夜の注目材料】米国株の動向

【今夜の注目材料】米国株の動向

【本日注目の通貨ペア】ユーロ/米ドル:イタリア次期政権に対する不安

【本日注目の通貨ペア】ユーロ/米ドル:イタリ...

バランス型ファンド「GS トータル・リターン」運用者に聞く:世界の成長取り込み、進化する運用とは?

バランス型ファンド「GS...

好調な経済成長 懸念は米国要因=香港ポスト

好調な経済成長 懸念は米国要因=香港ポスト


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ