Searchina

メニュー

ビジネス

仮想通貨取引のセキュリティ高度化、SBIホールディングスがデンマークのKMaaS会社Sepiorに出資

2018-03-14 18:24

 SBIホールディングスは3月14日、クラウド上でキーマネジメントサービス(KMaaS:Key Management as a Service)を展開するデンマークのSepior ApSに出資したと発表した。
 
 KMaaSは、データの暗号化に使用する暗号化キーの作成・管理を行うサービス。近年、様々な分野で暗号化ソリューションの需要が高まりつつある中で、KMaaSの市場規模は、2018年の3.7億ドルから2023年には12.8億ドルに拡大するという予想もある。Sepior社のKMaaSは、クラウド上で完結し、複数のクラウドにまたがって使用される暗号鍵を管理できる特徴を持っている。
 
 SBIグループは、仮想通貨取引所などの仮想通貨関連事業によって構成される仮想通貨生態系を構築しつつある。仮想通貨の取引においては、顧客資産の保全が重要な課題として意識されている。SBIグループは社内での徹底したリスク管理に加え、外部企業の先進的技術の取り込みによるセキュリティ高度化を図っているという。今回、Spior社の技術活用を取り込んで、一層のセキュリティの高度化をめざすとしている。(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/


 

【本日注目の通貨ペア】トルコ/円:米・トルコ間の緊張再び

【本日注目の通貨ペア】トルコ/円:米・トルコ...

【今夜の注目材料】カナダ2月消費者物価指数

【今夜の注目材料】カナダ2月消費者物価指数

金・原油とも下落

金・原油とも下落

[ベトナム株]電気料金+8.36%引き上げ、3月20日から―1年3か月ぶり

[ベトナム株]電気料金+8.36%引き上げ、...

[ベトナム株]クアンニン省:中国国境に第2バックルアン橋開通

[ベトナム株]クアンニン省:中国国境に第2バ...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ