Searchina

メニュー

ビジネス

【本日注目の通貨ペア】ユーロ/米ドル:イタリア次期政権に対する不安

2018-05-21 17:46

 ユーロ/ドルが下落基調を強めており、下値模索の動きがどこまで続くのか注目される。欧州中銀(ECB)の利上げ先送り観測と、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ継続観測という、中銀のスタンスに対する印象格差に加え、足元ではイタリア政局の不透明感もユーロ安・ドル高を後押しする材料となっている。

 イタリアでは、先週18日にポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五つ星運動」と極右政党「同盟」による連立合意が成立。合意協定にユーロ離脱や債務減免などは盛り込まなかったが、減税や年金改革の撤回といった財政を圧迫する政策が並んだ。なお、イタリアの政府債務は国内総生産(GDP)比130%前後と、ユーロ圏ではギリシャに次いで高く、欧州連合(EU)が基準と定める60%を大幅に上回っている。こうした中、連立合意後にイタリア国債とイタリア株が売られており、投資家が次期政権の動きを不安視している様子が見て取れる。

 本日の欧州市場でもイタリア国債とイタリア株が続落するようなら、ユーロも下値模索の動きが続くだろう。そしてその可能性は高いと言えそうだ。
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)
/*snsボタン*/


今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ ‐ G.COMデイリーレポート
為替・FXマーケット情報 ‐ 各国の為替チャート、レート、最新情報を集約
為替情報・外国為替FX情報ページ ‐ 主要通貨ペアのレートと外為最新ニュース
 

【本日注目の通貨ペア】ポンド/円

【本日注目の通貨ペア】ポンド/円

【今夜の注目材料】ドラギECB総裁、パウエルFRB議長、黒田日銀総裁、ロウRBA総裁、パネルディスカッション

【今夜の注目材料】ドラギECB総裁、パウエル...

原油先物市場は反落

原油先物市場は反落

【為替本日の注目点】ドル円110円台で堅調

【為替本日の注目点】ドル円110円台で堅調

【今日のドル円】米中貿易戦争への懸念高まる

【今日のドル円】米中貿易戦争への懸念高まる


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ