Searchina

メニュー

ビジネス

【今日のドル円】お決まりのトランプリスク

2018-06-14 09:30

 昨日のドル/円は往って来いの展開。米連邦公開市場委員会(FOMC)が全会一致で利上げを決めた上に、年内あと2回の追加利上げを示唆した事などからドル買いが強まると110.80円台へと上伸。しかし、買い一巡後は110.20円台まで急速に反落して、利上げ発表前の水準を割り込んでしまった。
トランプ米政権は中国製品への追加関税を早ければ15日にも発動する可能性があると米紙が報じた事がきっかけとされ、「トランプリスク」がドル/円の上値を抑えるお決まりのパターンと言えそうだ。
 もっとも、市場には「トランプリスク」に対する耐性がある程度備わっていると見られるため、対中関税の話題で投資家心理が著しく悪化する事はないだろう。本日は、市場の関心が欧州中銀(ECB)の動向に集まると予想される事もあって、ドル/円は方向感を伴った動きにはなりにくそうだ。
本日の予想レンジ:109.700-110.600円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

外為リアルタイムレビュー(マーケットの動きをいち早くお伝えします) ‐ 外為どっとコム
外為トゥデイ(チャートや注目イベントの記載で今日の見通しをわかりやすく解説) ‐ 為替相場を研究員が動画で紹介
マネーを育てよう。マネ育。
為替情報・外国為替FX情報ページ ‐ 主要通貨ペアのレートと外為最新ニュース

 

【今夜の注目材料】メイ英首相、Brexit交渉の進捗について議会演説

【今夜の注目材料】メイ英首相、Brexit交...

WTI原油、供給懸念で反発

WTI原油、供給懸念で反発

今週の為替相場見通し(2018年10月22日~)=為替王

今週の為替相場見通し(2018年10月22日...

【為替本日の注目点】英国のEU離脱問題前進か?

【為替本日の注目点】英国のEU離脱問題前進か?

【今日のドル円】ドル/円、112円台中心の値動きに

【今日のドル円】ドル/円、112円台中心の値動きに


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ