Searchina

メニュー

ビジネス

中国の経常収支、貿易黒字の大幅縮小で01年4-6月期以来の赤字に転落=大和総研

2018-07-11 11:26

 中国の2018年1-3月の経常収支が01年4-6月期以来の赤字に転落した。季節要因によって貿易収支の黒字幅が急激に縮小したことが要因。大和総研経済調査部研究員の中田理惠氏は7月10日に「なぜ経常収支は赤字に転落したのか」(全6ページ)を発表し、「当面は貿易収支の黒字幅とサービス収支の赤字幅が近い状態が続き、時に経常収支が赤字となる場面もあろう」と見通した。レポートの要旨は、以下の通り。
 
◆2018年1-3月期における中国の経常収支はマイナス341億ドルとなり2001年4-6月期以来の赤字に転落した。足元、5月においても再び小幅な赤字を記録していると推察される。
 
◆経常収支が赤字となった原因は、貿易収支の黒字幅が、季節要因によって急激に縮小したために、ここ数年急拡大している旅行収支の赤字等、サービス収支の赤字を補いきれなくなったことにある。当面は貿易収支の黒字幅とサービス収支の赤字幅が近い状態が続き、時に経常収支が赤字となる場面もあろう。
 
◆金融収支は989億ドルと大幅な資金流入超となった。ただし、金融収支の動きは人民元為替の動向に左右されやすい。足元では人民元が急落する場面も見られており、今後の為替の動向を注視していく必要があろう。(情報提供:大和総研)(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

大和総研リサーチレポート ‐ 一覧
なぜ経常収支は赤字に転落したのか ‐ レポートの詳細、図表付き

SBIインシュアランスグループ、19年度第2四半期決算は損保の損害率悪化で予定下回るも通期で挽回へ

SBIインシュアランスグループ、19年度第2...

【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:本邦GDPに対する円相場の反応は?

【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:本邦GDP...

【今夜の注目材料】独11月ZEW景況感指数

【今夜の注目材料】独11月ZEW景況感指数

WTI原油は11営業日続落で、史上最長の続落を記録

WTI原油は11営業日続落で、史上最長の続落を記録

【為替本日の注目点】ユーロドル1年5カ月ぶりの安値を記録

【為替本日の注目点】ユーロドル1年5カ月ぶり...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ