Searchina

メニュー

ビジネス

原油先物市場は大幅に反落

2018-07-12 11:06

原油先物市場は大幅に反落。
米原油在庫は大幅な減少を記録したが、米国経済指標が市場予想を上回ったことから、米利上げペース加速の思惑が広がった。
また、米中貿易摩擦の深刻化が世界経済の成長に悪影響をもたらし、需要が抑制されるとの懸念が高まったことも影響し、原油売りが進んだ。
CL_の終値は70.63ドル。

スポット金市場は続落。
米国のインフレ加速の思惑が広がったことや、主要通貨に対してドル高が進行したことを受けて、安全資産としての金の需要が減少したとみられている。XAUUSDの終値は1242.10ドル。
(情報提供:東岳証券) /*snsボタン*/

東岳証券公式サイト
 

SBIインシュアランスグループ、19年度第2四半期決算は損保の損害率悪化で予定下回るも通期で挽回へ

SBIインシュアランスグループ、19年度第2...

【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:本邦GDPに対する円相場の反応は?

【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:本邦GDP...

【今夜の注目材料】独11月ZEW景況感指数

【今夜の注目材料】独11月ZEW景況感指数

WTI原油は11営業日続落で、史上最長の続落を記録

WTI原油は11営業日続落で、史上最長の続落を記録

【為替本日の注目点】ユーロドル1年5カ月ぶりの安値を記録

【為替本日の注目点】ユーロドル1年5カ月ぶり...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ