Searchina

メニュー

ビジネス

【今夜の注目材料】米9月消費者物価指数

2018-10-11 16:32

 東京市場のドル/円は、前日の米国株安の流れを引き継ぎ、日経平均株価が大幅反落となる中で、約3週間ぶりに112円台を割り込みました。ただ、111円台では下値も堅くすぐに112円台前半に値を戻しています。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

10/11(木)
18:00 カーニーBOE総裁、ビルロワ仏中銀総裁、講演 
20:30 ECB理事会議事要旨(9月12-13日分) 
21:30 カナダ8月新築住宅価格指数
21:30☆米9月消費者物価指数
21:30☆米新規失業保険申請件数
24:00 EIA週間原油在庫統計 
26:00 米30年債入札 (150億ドル)
----- G20財務相・中銀総裁会議(インドネシア、12日まで)

10/12(金)
09:30 豪8月住宅ローン件数
未定 ☆中国9月貿易収支
※☆は特に注目の材料

 昨日の米国株は、これという決め手がないままにズルズルと値下がりし、NYダウ平均の下げ幅は831ドルに達しました。これが本日のアジア市場に波及しており、ここからは、この株安の連鎖が2周めに入るのか、今夜の米国株の動きが注目されます。本来はメインイベントになるはずだった米9月消費者物価指数ですが、こちらも米債利回り経由で株価への影響という点が最も気になるところでしょう。(欧米時間のドル/円予想レンジ:111.600-112.900円)
/*snsボタン*/

外為リアルタイムレビュー(マーケットの動きをいち早くお伝えします) ‐ 外為どっとコム
外為トゥデイ(チャートや注目イベントの記載で今日の見通しをわかりやすく解説) ‐ 為替相場を研究員が動画で紹介
マネーを育てよう。マネ育。
為替情報・外国為替FX情報ページ ‐ 主要通貨ペアのレートと外為最新ニュース

【今夜の注目材料】メイ英首相、Brexit交渉の進捗について議会演説

【今夜の注目材料】メイ英首相、Brexit交...

WTI原油、供給懸念で反発

WTI原油、供給懸念で反発

今週の為替相場見通し(2018年10月22日~)=為替王

今週の為替相場見通し(2018年10月22日...

【為替本日の注目点】英国のEU離脱問題前進か?

【為替本日の注目点】英国のEU離脱問題前進か?

【今日のドル円】ドル/円、112円台中心の値動きに

【今日のドル円】ドル/円、112円台中心の値動きに


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ