Searchina

メニュー

ビジネス

[ベトナム株]ホーチミン:「パークソン」また閉店、経営不振で

2018-10-12 17:46

  マレーシア系百貨店パークソン(Parkson=百盛)が運営するホーチミン市2区ハノイ大通り沿いのショッピングセンター(SC)「パークソンカンタビル(Parkson Cantavil)」が10月上旬に閉店した。パークソンがベトナム店舗を閉店するのはこれが5店舗目。

  パークソンは、経営不振により2015年1月にハノイ市ナムトゥーリエム区にある京南ハノイランドマークタワー内の「パークソンカンナム(Parkson Keangnam)」、2016年5月にホーチミン市7区フーミーフン新都市区の「パークソンパラゴン(Parkson Paragon)」、同年12月にハノイ市ドンダー区の「パークソンベトタワー(Parkson Viet Tower)」、2018年1月にホーチミン市11区の「パークソンフレミントン(Parkson Flemington)」を次々と閉店している。

  これにより、ホーチミン市で営業する「パークソン」の店舗は、◇1区の「パークソンレタントン(Parkson Le Thanh Ton)」、◇タンビン区の「パークソンCTプラザ(Parkson CT Plaza)」、◇5区の「パークソンフンブオンプラザ(Parkson Hung Vuong Plaza)」の3店舗のみとなった。

  同社の親会社であるパークソン・リテール・アジア(Parkson Retail Asia)の2017-2018年度(2017年7月~2018年6月まで・未監査)は、▲4010万USD(約▲44億5000万円)の赤字となっている。

  パークソン・リテール・アジアは同年度に8か所のSCの閉店を余儀なくされた。マレーシア、インドネシア、ミャンマー、ベトナムの4か国での事業はいずれも経営不振に陥っており、中でもベトナム事業の効率性が最も悪い。(情報提供:VERAC) /*snsボタン*/

Viet Economic Research & Advisory Corp (VERAC)
2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム経済金融情報」「ベトナム株情報」「VIETJOベトナムニュース」の自社媒体を通じ、経済、金融情 報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業730社超の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは22万社を誇る。10年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査、産業調査、市場調査に強み。
 

【今夜の注目材料】メイ英首相、Brexit交渉の進捗について議会演説

【今夜の注目材料】メイ英首相、Brexit交...

WTI原油、供給懸念で反発

WTI原油、供給懸念で反発

今週の為替相場見通し(2018年10月22日~)=為替王

今週の為替相場見通し(2018年10月22日...

【為替本日の注目点】英国のEU離脱問題前進か?

【為替本日の注目点】英国のEU離脱問題前進か?

【今日のドル円】ドル/円、112円台中心の値動きに

【今日のドル円】ドル/円、112円台中心の値動きに


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ