Searchina

メニュー

ビジネス

[ベトナム株]ベトナムでF1開催、2020年4月にハノイで

2018-11-08 20:58

  ハノイ市人民委員会は7日、ハノイ市が自動車レースの世界選手権「フォーミュラ1(Formula One=F1)」の世界で22番目の開催国になると発表した。東南アジアではマレーシア、シンガポールに次いで3番目となる。開催時期は2020年4月で、10年間開催する契約となっている。

  レースコースは、ナムトゥーリエム区のミーディンスポーツセンター地区の5565mで、決勝レースの時間は約4時間が予定されている。決勝レースの他にパレードやマシンの展示などのイベントがあり、全体で7日間の日程で行われる。

  F1最高責任者のチェイス・キャリー(Chase Carey)氏は、経済的にまだ多くの課題のあるベトナムを開催地に選定したことについて、「ベトナムはエネルギーにあふれ、目新しく興味深い。世界中から多くの関心を集めている」と語った。

  ハノイ市でのF1は、地場系コングロマリット(複合企業)のビングループ[VIC](Vingroup)が運営する。財源はチケット販売、F1参加チームに対する各種サービス料、広告料、放送権料、記念品販売、関連イベントでの売り上げなどで賄うとしている。(情報提供:VERAC) /*snsボタン*/

Viet Economic Research & Advisory Corp (VERAC)
2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム経済金融情報」「ベトナム株情報」「VIETJOベトナムニュース」の自社媒体を通じ、経済、金融情 報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業730社超の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは22万社を誇る。10年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査、産業調査、市場調査に強み。
 

SBIインシュアランスグループ、19年度第2四半期決算は損保の損害率悪化で予定下回るも通期で挽回へ

SBIインシュアランスグループ、19年度第2...

【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:本邦GDPに対する円相場の反応は?

【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:本邦GDP...

【今夜の注目材料】独11月ZEW景況感指数

【今夜の注目材料】独11月ZEW景況感指数

WTI原油は11営業日続落で、史上最長の続落を記録

WTI原油は11営業日続落で、史上最長の続落を記録

【為替本日の注目点】ユーロドル1年5カ月ぶりの安値を記録

【為替本日の注目点】ユーロドル1年5カ月ぶり...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ