Searchina

メニュー

ビジネス

プロレド・パートナーズは底打ち感、19年10月期大幅増収増益予想

2019-01-24 09:18

 プロレド・パートナーズ <7034> (東マ)は、完全成果報酬型のコンサルティングを展開する経営コンサルティングファームである。19年10月期も受注が順調に増加して大幅増収増益予想である。株価は地合い悪も影響して安値圏だが、18年8月の上場来安値を割り込むことなく、12月の直近安値から切り返して底打ち感を強めている。出直りを期待したい。
 
■完全成果型の経営コンサルティングファーム
 
 18年7月東証マザーズに新規上場した。完全成果報酬型のコンサルティングを展開する経営コンサルティングファームである。
 
■19年10月期大幅増収増益予想
 
 19年10月期非連結業績予想は、売上高が18年10月期比39.6%増の23億05百万円、営業利益が20.8%増の7億42百万円、経常利益が25.5%増の7億42百万円、純利益が21.8%増の4億63百万円で、大幅増収増益予想としている。受注が順調に増加し、先行投資負担を吸収する見込みだ。好業績を期待したい。
 
■株価は底打ち感
 
 株価は地合い悪も影響して安値圏だが、18年8月の上場来安値6190円を割り込むことなく、12月21日の直近安値6300円から切り返して底打ち感を強めている。出直りを期待したい。1月23日の終値は8050円、今期予想連結PERは約44倍、時価総額は約206億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR) /*snsボタン*/

【小倉正男の経済コラム】「第2四半期」――決算は経営者&経営能力の鏡(2018/10/10)
VALUENEXはアルゴリズム事業を展開、専門性の高い人材を擁し成長続く見通し(2018/11/02)

【為替本日の注目点】ユーロ圏の経済指標を受けユーロドル売られる

【為替本日の注目点】ユーロ圏の経済指標を受け...

[ベトナム株]ベトナム人の訪日意向、92.3%が「あり」―電通のジャパンブランド調査

[ベトナム株]ベトナム人の訪日意向、92.3...

NY金、景気減速懸念の後退を背景に下落

NY金、景気減速懸念の後退を背景に下落

【為替本日の注目点】為替市場の膠着状態続く

【為替本日の注目点】為替市場の膠着状態続く

[ベトナム株]TPP11がベトナムの対日本輸出の追い風に

[ベトナム株]TPP11がベトナムの対日本輸...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ