Searchina

メニュー

ビジネス

ハピネットは出直り期待、19年3月期営業増益・増配予想

2019-03-14 09:16

 ハピネット <7552> は玩具事業を主力として、映像音楽事業、ビデオゲーム事業、アミューズメント事業も展開している。19年3月期営業増益・増配予想である。株価は戻りの鈍い展開だが、調整一巡して出直りを期待したい。
 
■玩具事業を主力に映像音楽やビデオゲームも展開
 
 バンダイナムコグループで、玩具事業を主力に映像音楽事業、ビデオゲーム事業、アミューズメント事業も展開している。
 
■19年3月期営業増益・増配予想
 
 19年3月期の連結業績予想は、売上高が18年3月期比16.4%増の2300億円、営業利益が4.0%増の50億円、経常利益が2.1%増の48億円、純利益が20.6%減の32億円としている。純利益は受取賠償金が一巡して減益予想である。配当予想は期末の設立50周年記念配当10円を含めて年間50円(第2四半期末20円、期末30円)としている。18年3月期比でも10円増配となる。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比24.5%増の1912億62百万円、営業利益が4.0%増の48億80百万円、経常利益が5.4%増の47億86百万円、純利益が19.9%減の30億38百万円だった。
 
 映像音楽事業が音楽映像パッケージ卸売事業継承やヒット商品などで大幅増収増益となり、全体を牽引した。玩具事業は在庫評価損失計上などで減益、ビデオゲーム事業は携帯型ゲーム機のハードおよびソフトが低調で減益、アミューズメント事業はカードゲーム商材が低調で減益だった。通期ベースでも好業績を期待したい。
 
■株価は出直り期待
 
 株価は戻りの鈍い展開で安値圏だが、調整一巡して出直りを期待したい。3月13日の終値は1437円、今期予想連結PERは約10倍、時価総額は約346億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR) /*snsボタン*/

クリナップは19年3月期下方修正して赤字予想だが、株価は売り一巡感(2018/11/08)
ゼリア新薬工業は19年3月期予想を下方修正だが、株価のネガティブ反応限定的(2018/11/08)

【本日注目の通貨ペア】トルコ/円:米・トルコ間の緊張再び

【本日注目の通貨ペア】トルコ/円:米・トルコ...

【今夜の注目材料】カナダ2月消費者物価指数

【今夜の注目材料】カナダ2月消費者物価指数

金・原油とも下落

金・原油とも下落

[ベトナム株]電気料金+8.36%引き上げ、3月20日から―1年3か月ぶり

[ベトナム株]電気料金+8.36%引き上げ、...

[ベトナム株]クアンニン省:中国国境に第2バックルアン橋開通

[ベトナム株]クアンニン省:中国国境に第2バ...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ