Searchina

メニュー

ビジネス

WTI原油、市場心理の改善により62ドル台まで上昇

2019-05-16 19:18

水曜日のスポット金は続落した。アジア時間序盤は1トロイオンス=1296.65ドルでスタートし、一時上昇したがその後は反落し、スポット金価格はもみ合いながらも下降した。欧州時間に入っても引き続き下落し日中安値1292.60ドルをつけてからは反発した。米国時間に入ると一段高となり、日中高値1300.60ドルを付けたがその後は反落した。最終的に1296.20ドルで取引を終了した。

水曜日のWTI原油は前日比0.77ドル(1.26%)高の1バレル=62.10ドルで取引を終了した。公表された米国の原油在庫はまちまちとなったが、市場心理の改善により、原油などのリスク資産が買い支えられた。 さらに、最近の米国とイランの間の緊張の激化により、将来的に原油供給に影響を与える可能性があることが懸念されている。(情報提供:スターリング証券) /*snsボタン*/

スターリング証券公式サイト
 

スポット金は9営業日ぶり反発、WTI原油は5%安

スポット金は9営業日ぶり反発、WTI原油は5%安

【香港IPO】メンズファッションの慕尚の公募価格は、仮条件の下限をやや上回る

【香港IPO】メンズファッションの慕尚の公募...

[ベトナム株]アイカ工業、ベトナム初のメラミン化粧板製造工場が稼働開始

[ベトナム株]アイカ工業、ベトナム初のメラミ...

【為替本日の注目点】米長期金利一時2.3%を割り込む

【為替本日の注目点】米長期金利一時2.3%を...

米国ブラックリスト入り懸念の余波拡大、中国セキュリティ大手のiFLYTEKなども急落

米国ブラックリスト入り懸念の余波拡大、中国セ...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ