Searchina

メニュー

ビジネス

WTI原油は、石油市場の不確実性要素の高まりから60ドル台まで上昇

2019-07-11 13:18

水曜日のスポット金は上昇した。アジア時間序盤は1トロイオンス=1397.30ドルを付けた後、調整が再度入り下向きとなった。欧州時間に入ると一進一退の動きで日中安値1389.60ドルを付けた後は反発し、金価格は小幅高となった。米国時間に入ると、再び上昇の流れとなり、日中高値1418.45ドルを付けた後は小幅反落すし、最終的には1417.70ドルで取引を終了した。

水曜日のWTI原油は上昇し、前日比1.96ドル(3.36%)高の1バレル=60.32ドルとなった。米国エネルギー情報局(EIA)は米国原油在庫が9.49万バレル減少して4億5,900万バレルになったと発表した。 石油在庫は372万9000バレル増加し、2週連続で増加となり、市場は14億3300万バレル増加すると推定されています。 米国の原油在庫報告書は概して強気であり、国際エネルギー情報局(IEA)は、米国の経済制裁と中東の石油タンカーへの攻撃が石油市場に限定的な不確実性を加えていると考えられており、我々は「世界貿易関係における緊張」の問題に注意を払わなければならない。(情報提供:スターリング証券) /*snsボタン*/

スターリング証券公式サイト
 
 

[ベトナム株]「GDP成長率は+4%、インフレ率は+4%以下に」、フック首相

[ベトナム株]「GDP成長率は+4%、インフ...

【香港IPO】シンガポールの清掃会社Hygieiaは公募価格と同値の初値

【香港IPO】シンガポールの清掃会社Hygi...

世界に広がるコロナ第2波懸念! 外為オンライン佐藤正和氏

世界に広がるコロナ第2波懸念!...

【為替本日の注目点】米6月雇用統計予想を上回る

【為替本日の注目点】米6月雇用統計予想を上回る

[ベトナム株]イオンベトナム、カントーで商業施設の建設を検討

[ベトナム株]イオンベトナム、カントーで商業...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ