Searchina

メニュー

ビジネス

ニーズウェルは上値試す、19年9月期増収増益予想

2019-07-12 10:32

 ニーズウェル <3992> は業務系システム開発が主力のシステムインテグレータである。19年9月期増収増益予想である。株価は年初来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
 
■業務系システム開発が主力のシステムインテグレータ
 
 金融業界向け業務系システム開発が主力のシステムインテグレータである。業務アプリケーション開発、基盤構築、組み込み系システム開発などを展開している。
 
 18年8月AI inside社と販売契約締結、18年10月NO.1 <3562> と販売契約締結した。21年4月に長崎開発センターを開設予定である。
 
■19年9月期増収増益予想
 
 19年9月期の非連結業績予想(3月15日に利益を上方修正)は、売上高が18年9月期比10.9%増の57億円、営業利益が8.9%増の5億18百万円、経常利益が8.1%増の5億05百万円、純利益が6.4%増の3億46百万円としている。
 
 第2四半期累計は売上高が前年同期比10.3%増収、営業利益が4.4%増益、通期予想に対する進捗率が売上高47.8%、営業利益51.4%と順調だった。通期も金融系分野を中心に、ソリューション・ビジネスおよびエンドユーザー取引が拡大して増収増益予想、そして過去最高更新予想である。好業績を期待したい。
 
■株価は上値試す
 
 株価(19年1月1日付で株式2分割、19年6月17日付で東証2部から東証1部に市場変更)は年初来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。7月11日の終値は809円、時価総額は約68億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR) /*snsボタン*/

アスカネットは反発の動き、AI事業で樹脂製ASKA3Dの販売促進(2018/11/15)
イボキンはリサイクルのワンストップ・サービスを展開、11月14日に第3四半期決算を発表(2018/11/03)

中東の地政学リスクが高まり原油価格を押上げ

中東の地政学リスクが高まり原油価格を押上げ

【為替本日の注目点】ドル円107円台後半で小動き

【為替本日の注目点】ドル円107円台後半で小動き

19日のWTI原油は55.78ドル

19日のWTI原油は55.78ドル

【為替本日の注目点】米大幅利下げ観測後退

【為替本日の注目点】米大幅利下げ観測後退

<22日の注目銘柄> =エンプラス、エスプール、エプコなど

<22日の注目銘柄>...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ