Searchina

メニュー

ビジネス

【香港IPO】体外診断用医薬品販売の華検医療の初値は公募価格を8.47%下回る

2019-07-12 11:02

 体外診断用医薬品販売の華検医療(01931)が12日、香港メインボードに上場した。公募価格3.07香港ドルに対して初値は2.81香港ドルと公募価格を8.47%下回った。その後、上昇し、高値3.23香港ドルと公募価格を上回っている。
 
 同社は、体外診断用医薬品(IVD:In-Vitro Diagnostics)の販売代理店で、上海のIVD市場で3番目に大きい。上海を中心とした広範な地域の病院とのネットワーク、および、既存のIVD分析装置によって安定的な試薬販売を実施している。2019年1月にVESTEC(威土達医療)を完全子会社にした。
 
 2018年12月期の売上高はオリジナルグループで4.14億人民元(前期比22.28%増)、税前利益は1.18億人民元(同8.34%減)。
 
 完全子会社としたVESTEC社の2018年12月期の売上高は18.53億人民元(前期比16.10%増)、税前利益は2.66億人民元(同10.38%増)。
 
 公募で調達する9.32億香港ドルは、約49.6%をVastecの60%の持ち分の取得に対する未払い残高の決済に、32.9%を同社およびVastecの既存株主への配当の一部を支払うために、また、6.8%を既存の顧客との基盤拡大のために使う。(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

香港IPOの一覧 -サーチナ・ファイナンス
 

【香港IPO事情】IPO市場が復調 10日上場の魯大師は2日間で公募価格の4倍超に急騰

【香港IPO事情】IPO市場が復調...

【為替本日の注目点】ドル円一時108円台を回復

【為替本日の注目点】ドル円一時108円台を回復

[ベトナム株]ベトテル、ラオスで5Gサービス試行へ

[ベトナム株]ベトテル、ラオスで5Gサービス試行へ

[ベトナム株]デジタル経済が急成長、25年に430億ドル規模

[ベトナム株]デジタル経済が急成長、25年に...

[ベトナム株]コーヒーチェーンやメーカー各社、安くて手軽なカフェスタンドで顧客獲得狙う

[ベトナム株]コーヒーチェーンやメーカー各社...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ