Searchina

メニュー

ビジネス

【為替本日の注目点】ドル円107円台後半で小動き

2019-07-23 09:12

 ドル円は底堅い動きを見せたものの、特段材料もなく小動き。108円台に近づくとドル売りも出て、上値を抑える展開に。107円78銭まで売られたが、同90銭近辺で取引を終える。ユーロドルも1.12台前半で小動きとなり、値幅はわずか18ポイントに収まる。株式市場は小幅ながら主要3指数とも揃って上昇。ハイテク株や石油関連株が買われたが、主要企業の決算発表を控え動きは鈍い。債券相場はほぼ横ばい。長期金利は小幅に低下し、2.04%台に。金と原油はともに上昇。

ドル/円 107.78 ~ 108.00

ユーロ/ドル 1.1207 ~ 1.1225
 
ユーロ/円 120.86 ~ 121.13

NYダウ +17.70 → 27,171.90ドル

GOLD   +0.20 →1,426.90ドル

WTI   +0.59  → 56.22ドル

米10年国債  -0.009 → 2.046%


本日の注目イベント

欧   ユーロ圏7月消費者信頼感(速報値)
英   英与党保守党、党首選の結果公表
米   5月FHFA住宅価格指数
米   7月リッチモンド連銀製造業指数
米   6月中古住宅販売件数
米   IMF世界経済見通し
米   企業決算 → コカコーラ、VISA、ロッキード・マーチン

 参院選を終えて、昨日は日経平均株価が上昇すると予想していましたが、朝方は150円ほどマイナスに沈み、やや驚きでした。引け値では50円安で終わりましたが、連立与党の勝利も「織り込み済み」といったところだったようです。ドル円も108円台を回復する場面もありましたが追随する向きもなく、その後の海外市場でも動意はなく、107円台後半でダラダラとした展開でした。昨日は経済指標の発表もなく、FOMCが来週に迫ってきたことで「ブラックアウト」期間に入り、市場に影響を与えるコメントもありませんでした。

 そんな中、相変わらずつぶやいていたのが、トランプ大統領でした。FOMCを前に、トランプ氏は再び金融当局に利下げ圧力を加え、「今動けば非常に低コストで済むし、生産的だ。金融当局は過度に大きく利上げして引き締め、そのペースも速過ぎた」とツイートしています。また香港の反政府デモについても、「中国の習主席は極めて責任ある行動を取っている。デモ参加者は長期間、抗議活動を続けている。習主席が正しいことをすると期待している」と述べています。(ブルームバーグ)FOMCでの政策判断に多少なりとも影響を与えると見られるGDP速報値は今週末に発表されます。市場の見方は「25bp」がコンセンサスと思われますが、トランプ氏のつぶやきには「50bp」利下げへの圧力もあるように思えます。

 「GDP速報値」、「FOMC」と、重要イベントを控えドル円は動きにくい状況です。昨日も述べたように、リスクはドル下落の方にあると見ていますが、それでもドルショートで臨んでいる投資家にとっても、なかなか骨の折れる相場展開です。特に107円台でのショートは、その出口を見つけるのに難儀します。一方、狭い値幅で上下しているためドルロングでも機能しますが、これまたレベルを間違えるとクローズするまで結構な時間がかかる状況です。ここは107-109円のレンジ相場と割り切り、「逆張り」で臨むのも一つの案です。だたし、レンジを外れることを想定して、「ストップ」を置くことは必須です。ロング、ショートのいずれも早めの決済が求められます。

 上記材料に加え、参院選を終えたことで、日米貿易交渉もいよいよ本格的に始まると思われます。ここでは「ドナルド・シンゾウ」の関係とは一線を画した厳しい交渉も想定されます。ただタイミング的にはFOMCが終了すると「サマー・バケーション」に入ることになり、相場もさらに膠着することも考えられます。107-109円の基本レンジをブレイクしてから出動するのも一計です。本日のドル円は107円60銭~108円20銭程度と予想しますが、実際にはさらに狭いレンジになる可能性が高いでしょう。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

今日のアナリストレポート
主要経済指標の一覧表 ‐ 今月の主要経済指標の予想数値、結果の一覧

23日のWTI原油は55.37ドル

23日のWTI原油は55.37ドル

[ベトナム]良品計画、ベトナム現地法人を設立―20年春「無印良品」オープン

[ベトナム]良品計画、ベトナム現地法人を設立...

【為替本日の注目点】7月のFOMCでは2人の委員が利下げに反対

【為替本日の注目点】7月のFOMCでは2人の...

スポット金は、1502.30ドル

スポット金は、1502.30ドル

不振の自動車販売は最悪期を脱したか? 大和総研が中国経済の現状を分析

不振の自動車販売は最悪期を脱したか?...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ