Searchina

メニュー

ビジネス

中東の地政学リスクが高まり原油価格を押上げ

2019-07-23 10:28

22日のスポット金は、アジア時間序盤で1トロイオンス=1424.55ドルで取引開始。日中高値1429.55ドル、日中安値1422.05ドルを付け最終的に1424.75ドルで取引を終えた。

WTI原油は、アジア時間序盤で1バレル=56.26ドルで取引開始。日中高値57.02ドル、日中安値55.82ドルを付け最終的に56.32ドルで取引を終えた。ホルムズ海峡でおきた英タンカーの拿捕について英政府は通航妨害は国際法違反と批判。欧州諸国と連携する方針。中東の地政学リスクが高まり世界の石油輸送に影響するとの懸念が高まった。(情報提供:スターリング証券)
/*snsボタン*/

スターリング証券公式サイト
 

23日のWTI原油は55.37ドル

23日のWTI原油は55.37ドル

[ベトナム]良品計画、ベトナム現地法人を設立―20年春「無印良品」オープン

[ベトナム]良品計画、ベトナム現地法人を設立...

【為替本日の注目点】7月のFOMCでは2人の委員が利下げに反対

【為替本日の注目点】7月のFOMCでは2人の...

スポット金は、1502.30ドル

スポット金は、1502.30ドル

不振の自動車販売は最悪期を脱したか? 大和総研が中国経済の現状を分析

不振の自動車販売は最悪期を脱したか?...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ