Searchina

メニュー

ビジネス

【香港IPO】8日上場の6銘柄は概ね好調な出だし、バイオの東曜薬業のみ公募価格割れの誕生

2019-11-08 13:14

 8日に香港メインボードに上場した6銘柄は、概ね好調な出だしになった。公募価格を29.8%上回る初値を付けた医療機器メーカーの上海康徳莱(01501)、同じく27%上回ったホスピタリティ用品の信基沙渓(03603)など、大きく上昇した銘柄がある。公募価格割れは、バイオ医薬品の東曜薬業(01875)のみだった。

 上海康徳莱(01501)は、公募価格20.8香港ドルに対し、初値は27.0香港ドル。その後、30.0香港ドルの高値を付け、28香港ドル台で堅調だ。

 同社は、中国における心臓血管インターベンション(開胸しない心疾患治療)機器メーカー。主に心臓血管手術に用いられる膨張装置、導入器セット、ガイドワイヤー、圧力包帯、Yコネクタパック、圧力延長チューブ、血管造影カテーテルなどを製造・販売している。中国国内ブランドの経皮的冠動脈形成術(PCI)市場でのシェアは1位、PRC冠動脈インターベンションデバイス市場でのシェアは2位。

 2018年12月期の売上高は2.03億人民元(前期比47.62%増)、税前利益は0.66億人民元(同39.27%増)。2019年4月期(4カ月間)の売上高は0.87億人民元(前年同期比44.63%増)、税前利益は0.37億人民元(同60.61%増)。

  益美国際(01870)は、公募価格0.97香港ドルに対し、初値は1.1香港ドル。1.35香港ドルの高値を付け、1.3香港ドル台でしっかりしている。

 同社は建物のファサード(正面)と建物メンテナンスユニット(BMU)の設計サービス会社。

 2018年12月期の売上高は4.66億香港ドル(前期比10.00%増)、税前利益は1.11億香港ドル(同54.29%増)。2019年4月期(4カ月間)の売上高は1.71億香港ドル(前年同期比9.43%増)、税前利益は0.25億香港ドル(同14.21%減)。

 東曜薬業(01875)の初値は6.43香港ドルで、公募価格6.55香港ドルを下回った。安値は6.02香港ドルで低迷している。

 同社は、革新的な腫瘍薬の開発と商業化を進めるバイオ医薬品企業。2009年の創業で、さまざまな種類の癌を標的とした、モノクローナル抗体(mAbs)、抗体薬物コンジュゲート(ADC)、腫瘍溶解性ウイルス製品、リポソーム薬などの特殊な腫瘍薬を含む、腫瘍薬候補の包括的なポートフォリオを持っている。

 2018年12月期の売上高は3922万人民元(前期比24.0%減)、税前利益は2.68億人民元の赤字(前期は1.49億人民元の赤字)。2019年4月期(4カ月間)の売上高は1816万人民元(前年同期比97.0%増)、税前利益は1.02億人民元の赤字(前年同期は0.7億人民元の赤字)。

 達力普(01921)は1.59香港ドルの公募価格と同値で誕生し、もみ合っている。

 同社は、ケーシング(掘削の過程で杭井に内枠をつけること)に焦点をあてたOCTG(油井管)メーカー。主に中国の石油会社、OCTGメーカー、および、OTCG加工工場にOTCGその他のオイルパイプの製造、販売を行っている。中国のOTCGメーカーの中で売り上げ規模で第3位に位置する。

 2018年12月期の売上高は30.95億人民元(前期比35.92%増)、税前利益は3.55億人民元(同29.51%増)。2019年6月期(6カ月間)の売上高は14.44億人民元(前年同期比5.95%増)、税前利益は1.44億人民元(同24.56%減)。

 Beng Soon(01987)は、公募価格0.5香港ドルに対し、初値は0.53香港ドル。0.68香港ドルの高値があった後は下落し、0.4香港ドル台に沈んだ。

 同社は、シンガポール最大の解体サービスプロバイダーで、市場シェアは約33.2%を獲得している。公共および民間部門で26年以上の実績があり、発電所、化学プラント、高層ビル、住宅、橋、および、海洋構造物を含み様々な種類の建物や構造物の解体を手掛けている。シンガポール国内では、発電所や大型化学プラントの解体経験のある解体事業者は少ない。

 2018年12月期の売上高は3399万シンガポールドル(前期比21.97%増)、税前利益は439万シンガポールドル(同19.03%減)。2019年4月期(4カ月間)の売上高は1156万シンガポールドル(前年同期比14.18%増)、税前利益は21万シンガポールドル(同108万シンガポールドルの赤字)。

 信基沙渓(03603)は、公募価格1.0香港ドルに対し、初値は1.29香港ドルと好調な出だし。1.36香港ドルの高値を付けて堅調に推移している。

 同社はホスピタリティ用品のレンタルと、同用品のショッピングモールを運営している。

 2018年12月期の売上高は2.81億人民元(前期比34.06%増)、税前利益は3.48億人民元(同2.53倍)。2019年4月期(4カ月間)の売上高は0.92億人民元(前年同期比13.89%増)、税前利益は0.45億人民元(同73.49%減)。(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

香港IPOの一覧 -サーチナ・ファイナンス
 

【香港IPO】12日上場の2銘柄は、ともに公募価格割れで低調なスタート

【香港IPO】12日上場の2銘柄は、ともに公...

【為替本日の注目点】英ジョンソン与党勝利の可能性高まる

【為替本日の注目点】英ジョンソン与党勝利の可...

将来に向けた資産形成は本当は難しくない! 三井住友トラスト・AMが金融リテラシーフォーラムを開催

将来に向けた資産形成は本当は難しくない!...

<12日の注目銘柄> =太陽誘電、図研、サニーサイドなど

<12日の注目銘柄>...

[ベトナム株]「サイゴン・スポーツ・シティ案件」が着工

[ベトナム株]「サイゴン・スポーツ・シティ案...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ