Searchina

メニュー

ビジネス

[ベトナム株]HCM:メトロ1号線、21年10-12月期開通

2019-11-21 10:42

  ホーチミン市人民委員会は18日、建設中の都市鉄道(メトロ)1号線(ベンタイン~スオイティエン間)の建設項目の一部を調整することを決定した。

  これにより、1編成あたりの最大積載量を14tから16tに引き上げるほか、軌道中心間隔を3.8mから3.5mに縮める。通信システムは鉄道電話から無線通信に、ベンタイン駅の構造は2階建てから4階建てに変更する。このほか、一部の橋やトンネル、電気システムなども設計に合わせて調整する。

  投資総額は47兆VND(約2200億円)から43兆7570億VND(約2060億円)余りに減額する。開通は2021年10-12月期となる見通しだ。
 
  メトロ1号線は全長19.7kmで、2013年に着工。当初の投資総額は17兆VND(約800億円)だった。その後、設計の変更や購買調達コストの増加、為替レートの変動などの理由で47兆VND(約2220億円)に引き上げられた。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

Viet Economic Research & Advisory Corp (VERAC)
2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム株経済情報」「VIETJOベトナムニュース」の自社媒体を通じ、経済、金融情 報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業730社超の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは56万社を誇る。15年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査、産業調査、市場調査に強み。
 

[ベトナム株]セラミックタイル生産量、ベトナムは世界4位―年産能力7億m2

[ベトナム株]セラミックタイル生産量、ベトナ...

【香港IPO】環境にやさしい不動産開発の景業名邦の初値は公募価格を4%上回る

【香港IPO】環境にやさしい不動産開発の景業...

【為替本日の注目点】米中貿易協議の合意観測再び強まる

【為替本日の注目点】米中貿易協議の合意観測再...

[ベトナム株]イオン5号店、ハノイで12月5日オープン

[ベトナム株]イオン5号店、ハノイで12月5...

【為替本日の注目点】ドル円続落し108円台半ばへ

【為替本日の注目点】ドル円続落し108円台半ばへ


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ