Searchina

メニュー

ビジネス

[ベトナム株]サムスン電子、ハノイにR&Dセンター設立へ―3000人雇用

2019-12-03 19:02

  韓国サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は、同国を訪問していたグエン・スアン・フック首相との会談の中で、ハノイ市に研究開発(R&D)センターを設立する計画を明らかにした。

  R&Dセンターは地上16階建て・地下3階建ての規模で、同市のタイ湖西側地区にある面積1万1603m2の用地に建設される。投資総額は約2億2000万USD(約240億円)。2022年に稼働開始の見通しで、現地の労働者約3000人を雇用する予定。

  フック首相は会談でサムスン電子に対し、ベトナムに半導体工場を建設し、ベトナム地場企業が同社のバリューチェーンに参加するための支援を行うよう要請した。また、R&Dセンター案件の実施に向けて、同社に有利な条件を整える考えを示した。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

Viet Economic Research & Advisory Corp (VERAC)
2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム株経済情報」「VIETJOベトナムニュース」の自社媒体を通じ、経済、金融情 報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業730社超の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは56万社を誇る。15年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査、産業調査、市場調査に強み。
 

[ベトナム株]セラミックタイル生産量、ベトナムは世界4位―年産能力7億m2

[ベトナム株]セラミックタイル生産量、ベトナ...

【香港IPO】環境にやさしい不動産開発の景業名邦の初値は公募価格を4%上回る

【香港IPO】環境にやさしい不動産開発の景業...

【為替本日の注目点】米中貿易協議の合意観測再び強まる

【為替本日の注目点】米中貿易協議の合意観測再...

[ベトナム株]イオン5号店、ハノイで12月5日オープン

[ベトナム株]イオン5号店、ハノイで12月5...

【為替本日の注目点】ドル円続落し108円台半ばへ

【為替本日の注目点】ドル円続落し108円台半ばへ


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ