Searchina

メニュー

ビジネス

ナルミヤ・インターナショナルは上値試す、20年2月期営業・経常増益予想

2020-01-14 11:00

 ナルミヤ・インターナショナル <9275> はベビー・子供服の企画販売を展開している。20年2月期営業・経常増益予想としている。暖冬の影響に下期は下振れに注意必要だが、株価は18年9月IPO時の高値に接近している。12月の既存店売上は前年比マイナスだったが、ネガティブ反応は限定的だ。暖冬の影響は織り込み済みだろう。上値を試す展開を期待したい。
 
■ベビー・子供服の企画販売
 
 0歳~13歳のベビー・子供服の企画販売を展開している。19年3月に資本業務提携したワールドが第1位株主となった。
 
 少子高齢化の事業環境に対して、百貨店向けの高価格帯からSC(ショッピングセンター)向けの中価格帯への軸足シフト、EC(ネット通販)強化によるオムニチャネル化を推進している。
 
■20年2月期営業・経常増益予想
 
 20年2月期連結業績予想(19年3月ハートフィールを子会社化して連結決算に移行)は、19年2月期非連結業績との比較で売上高が11.1%増の330億07百万円、営業利益が5.4%増の17億12百万円、経常利益が9.4%増の16億46百万円、純利益が44.1%減の10億07百万円としている。純利益は特別利益(抱き合わせ株式消滅差益)が一巡して減益だが、SC・ECチャネルの好調が牽引して営業・経常増益予想である。
 
 第2四半期累計は社内計画を上回る大幅増益だった。ただし下期は暖冬の影響で下振れに注意が必要だろう。
 
■株価は上値試す
 
 株価は18年9月IPO時の高値に接近している。12月の既存店売上は前年比マイナスだったが、ネガティブ反応は限定的だ。暖冬の影響は織り込み済みだろう。上値を試す展開を期待したい。1月10日の終値は1375円、時価総額は約139億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR) /*snsボタン*/

【特集】福岡証券取引所で全国区人気株に大変身する銘柄はこれだ!(2019/08/26)
プレミアグループは調整一巡、20年3月期上方修正して大幅増収増益・増配予想(2019/08/29)

[ベトナム株]レーベンコミュニティ、ベトナム現地法人を設立

[ベトナム株]レーベンコミュニティ、ベトナム...

【為替本日の注目点】新型ウイルスへの警戒感から円が買われる

【為替本日の注目点】新型ウイルスへの警戒感か...

[ベトナム株]ホンダベトナム、越バイク市場で独走続く―シェア79%

[ベトナム株]ホンダベトナム、越バイク市場で...

【香港IPO】3銘柄の新規上場のうち2銘柄が公募価格割れ、GHWは寄後に30%安に沈む

【香港IPO】3銘柄の新規上場のうち2銘柄が...

[ベトナム株]ベトテル、自社製機器での5G通話テストに成功

[ベトナム株]ベトテル、自社製機器での5G通...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ