Searchina

メニュー

ビジネス

【香港IPO】中華レストランの九毛九は公募価格を44%上回る一方、Hygieiaは上場延期

2020-01-15 11:30

 15日に香港メインボードに上場した3銘柄は、3様の上場結果となった。
 
 CTR(01416)は、公募価格0.36香港ドルに対し、初値は0.25香港ドルと公募価格を30.56%下回った。
 
 同社は、シンガポールに拠点を置く、構造工学の仕事と湿式建築の仕事に特化した請負業者。
 
 北控城市資源(03718)は公募価格0.69香港ドルに対し、初値は0.69香港ドルだった。その後、0.64香港ドルの安値を付け公募価格割れの水準でもみ合っている。
 
 同社は、中国の統合廃棄物管理ソリューションプロバイダーで、環境衛生サービスと有害廃棄物処理サービスを提供している。
 
 九毛九(09922)は、公募価格6.6香港ドルに対し、初値は9.5香港ドルと公募価格を43.94%上回った。
 
 同社は、中国の大手中華料理レストランのブランドマネージャーおよびオペレーター。
 
 なお、中国最大のオンラインツアープロバイダーのHygieia(01650)は15日に予定していた上場を見送った。(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

香港IPOの一覧 -サーチナ・ファイナンス
 

[ベトナム株]レーベンコミュニティ、ベトナム現地法人を設立

[ベトナム株]レーベンコミュニティ、ベトナム...

【為替本日の注目点】新型ウイルスへの警戒感から円が買われる

【為替本日の注目点】新型ウイルスへの警戒感か...

[ベトナム株]ホンダベトナム、越バイク市場で独走続く―シェア79%

[ベトナム株]ホンダベトナム、越バイク市場で...

【香港IPO】3銘柄の新規上場のうち2銘柄が公募価格割れ、GHWは寄後に30%安に沈む

【香港IPO】3銘柄の新規上場のうち2銘柄が...

[ベトナム株]ベトテル、自社製機器での5G通話テストに成功

[ベトナム株]ベトテル、自社製機器での5G通...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ