Searchina

メニュー

ビジネス

[ベトナム株]グンゼ、ビンズオン省でプラスチックフィルム工場を稼働開始

2020-02-14 08:20

  機能ソリューション事業やアパレル事業などを手掛けるグンゼ株式会社(大阪市北区)は1月、東南部地方ビンズオン省に建設したプラスチックフィルムの工場の稼働を開始した。

  同社は2018年7月にビンズオン省に非塩ビ(ハイブリッドスチレン)収縮フィルムの製造・販売を行う新会社「グンゼ・プラスチックス&エンジニアリング・オブ・ベトナム(Gunze Plastics & Engineering of Vietnam)」を設立し、工場の建設を進めていた。資本金は1200万USD(約13億円)。

  ベトナム新工場は、トイレタリー用途を中心に伸長している収縮フィルムのASEANエリアを中心とするグローバル需要に対応することを目的としたもの。工場は最新のテクノロジーを導入し、作業環境、安全性に配慮している。

  これにより、同社の収縮フィルム事業は日本国内2拠点(滋賀、福島)に加え、海外3拠点(ベトナム、米国、中国)からの供給体制が整い、グローバルな需要に応えていく。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

Viet Economic Research & Advisory Corp (VERAC)
2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム株経済情報」「VIETJOベトナムニュース」の自社媒体を通じ、経済、金融情 報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業730社超の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは56万社を誇る。15年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査、産業調査、市場調査に強み。
 

[ベトナム株]地場コワーキングスペースToong、カンボジア進出

[ベトナム株]地場コワーキングスペースToo...

テック大型株主流の中で実績優位な小型株ファンド、「世界小型株厳選ファンド」が着目するグローバル・ニッチの魅力

テック大型株主流の中で実績優位な小型株ファン...

【香港IPO】バイオ医薬品の再鼎医薬の初値は公募価格を9%超上回る

【香港IPO】バイオ医薬品の再鼎医薬の初値は...

【為替本日の注目点】NY株、3指数とも揃って大幅高。

【為替本日の注目点】NY株、3指数とも揃って...

[ベトナム株]大手カフェチェーン6社の19年業績、ハイランズが売上高トップ

[ベトナム株]大手カフェチェーン6社の19年...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ