Searchina

メニュー

ビジネス

[ベトナム株]20年1~3月期の就業率、直近10年間で最低値を記録

2020-05-22 08:50

  統計総局の調査結果によると、2020年1~3月期における就業率(15歳以上の人口に占める就業者の割合)は前期を1.2%、前年同期を1.3%下回る75.4%で、直近10年間で最低値を記録した。

  また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて、1~4月期に失業や休職、労働時間減、収入減などに見舞われた全国の労働者数は約500万人だった。

  ハノイ市では、新型コロナウイルス感染症の影響により企業の80%近くが労働者を解雇し、約20%が臨時休業した。同市の労働傷病兵社会局によると、現在の求人企業は1000社近くあり、人材需要は1万人で、新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けた分野が中心となっている。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

Viet Economic Research & Advisory Corp (VERAC)
2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム株経済情報」「VIETJOベトナムニュース」の自社媒体を通じ、経済、金融情 報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業730社超の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは56万社を誇る。15年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査、産業調査、市場調査に強み。
 

[ベトナム株]ビンAI、スーパーコンピュータ購入 研究規模拡大へ

[ベトナム株]ビンAI、スーパーコンピュータ...

[ベトナム株]ビンG、AIを活用した人事ソリューションサービスを発表

[ベトナム株]ビンG、AIを活用した人事ソリ...

【為替本日の注目点】ユーロドル1.10台から反落

【為替本日の注目点】ユーロドル1.10台から反落

【香港IPO】新薬開発の開拓薬業の初値は公募価格と同値

【香港IPO】新薬開発の開拓薬業の初値は公募...

【為替本日の注目点】米中関係の悪化懸念強まる

【為替本日の注目点】米中関係の悪化懸念強まる


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ