Searchina

メニュー

ビジネス

[ベトナム株]イオンベトナム、カントーで商業施設の建設を検討

2020-07-02 17:16

  現地紙によると、イオンベトナム(AEON Vietnam)は、南部メコンデルタ地方カントー市で商業施設の建設を検討しているという。これに先立つ5月28日、イオンベトナムはカントー市人民委員会と会合を開き、同市での商業施設案件への投資について話し合っていた。

  候補地として、◇国道1A号線周辺、◇カントー市中心部バスターミナル付近、◇グエンバンクー交差点と国道1B号線周辺、◇カントー医科大学付近、◇カントー中央総合病院付近の5か所が挙がっている。商業施設の敷地面積は4~5haとなる見込み。

  イオンベトナムは、カントー市人民委員会に候補地の調査の承認を求める文書を送付した。同社はこの中で、イオンベトナムとイオンモールベトナム(Aeon Mall Vietnam)の違いについても言及し、イオンモールベトナムは面積7ha以上、イオンベトナムは面積7ha未満の規模の商業施設に注力していると説明した。

  カントー市人民委員会は同市計画投資局に対し、建設局および関連当局と協力して候補地の情報を提供するほか、イオンベトナムが求める条件に合った別の候補地を提案し、7月4日までに報告するよう指示した。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

Viet Economic Research & Advisory Corp (VERAC)
2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム株経済情報」「VIETJOベトナムニュース」の自社媒体を通じ、経済、金融情 報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業730社超の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは56万社を誇る。15年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査、産業調査、市場調査に強み。
 

【為替本日の注目点】ユーロドル1.21台後半まで続伸

【為替本日の注目点】ユーロドル1.21台後半...

[ベトナム株]日系海外現地法人の事業展開有望国、ベトナムが7年連続1位

[ベトナム株]日系海外現地法人の事業展開有望...

[ベトナム株]ベトテル、ハノイで5Gの商用サービスを開始 国内初

[ベトナム株]ベトテル、ハノイで5Gの商用サ...

【為替本日の注目点】ユーロ円、3カ月ぶりに126円台半ばまで上昇

【為替本日の注目点】ユーロ円、3カ月ぶりに1...

国内の伝統産業をデジタル化で活性化するラクスル、印刷に始まったDX改革がコロナ禍で脚光

国内の伝統産業をデジタル化で活性化するラクス...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ