Searchina

メニュー

ビジネス

[ベトナム株]5Gサービスの商業運用、一部地区で20年10月に開始予定

2020-07-10 19:40

  情報通信省は、今月中に第5世代移動通信システム(5G)に対応する国産端末の試験利用を開始し、10月には国産端末を使った5Gサービスの商業運用を試験的に実施する予定だ。まずは通信会社に、工業団地や大学、研究機関、地方の中心地区で5Gサービスの提供を認めることにしている。このほど開かれた2020年下半期の情報通信業務の方針に関する会議で、ファン・タム通信情報次官が明らかにした。

  同省は、通信インフラの共同利用率を17~20%に高めるため、全ての地方が新世代通信インフラの発展計画を策定するよう支援する。また、国民がそれぞれスマートフォンを所有できるよう、スマホ生産企業や通信会社を後押しする。デジタルトランスフォーメーション(DX)・デジタル経済・デジタル社会・電子政府の前提となる光ファイバーインターネット回線を各家庭に行きわたらせる。

  グエン・マイン・フン情報通信相は、コロナ禍を奇貨としてDXの発展に投資し、デジタル産業を発展させる必要があると強調。グローバル化やオープン化が進行しても、ベトナムは孤立する可能性があるとし、「メイクインベトナム(Make in Vietnam)」の自立経済を構築することでしか解決できないとの認識を示した。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

Viet Economic Research & Advisory Corp (VERAC)
2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム株経済情報」「VIETJOベトナムニュース」の自社媒体を通じ、経済、金融情 報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業730社超の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは56万社を誇る。15年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査、産業調査、市場調査に強み。
 

[ベトナム株]地場コワーキングスペースToong、カンボジア進出

[ベトナム株]地場コワーキングスペースToo...

テック大型株主流の中で実績優位な小型株ファンド、「世界小型株厳選ファンド」が着目するグローバル・ニッチの魅力

テック大型株主流の中で実績優位な小型株ファン...

【香港IPO】バイオ医薬品の再鼎医薬の初値は公募価格を9%超上回る

【香港IPO】バイオ医薬品の再鼎医薬の初値は...

【為替本日の注目点】NY株、3指数とも揃って大幅高。

【為替本日の注目点】NY株、3指数とも揃って...

[ベトナム株]大手カフェチェーン6社の19年業績、ハイランズが売上高トップ

[ベトナム株]大手カフェチェーン6社の19年...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ