Searchina

メニュー

ビジネス

京写は新型コロナウイルスの影響で21年3月期1Q赤字、通期予想は未定

2020-08-02 10:54

 京写 <6837> (JQ)は7月31日の取引時間終了後に21年3月期第1四半期の連結業績を発表した。新型コロナウイルスによる経済収縮の影響で減収・赤字だった。通期予想は未定としている。期後半の緩やかな需要回復を期待したい。株価はやや軟調展開だ。業績悪化懸念を織り込み済みと考えられる。目先的には売りが優勢になりそうだが、下値は限定的だろう。
 
■新型コロナウイルスの影響で21年3月期1Q赤字、通期予想は未定
 
 21年3月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比14.7%減の40億06百万円、営業利益が1億08百万円の赤字(前年同期は2百万円の黒字)、経常利益が1億48百万円の赤字(同1百万円の赤字)、純利益が1億28百万円の赤字(同6百万円の赤字)だった。
 
 新型コロナウイルスによる経済収縮の影響で自動車生産台数が減少し、自動車関連の売上が大幅減少した。
 
 通期予想は引き続き未定としている。当面は新型コロナウイルスによる世界経済収縮の影響で厳しい状況だが、期後半からの緩やかな需要回復を期待したい。
 
■株価は業績悪化懸念を織り込み済み
 
 株価はやや軟調展開だ。業績悪化懸念を織り込み済みと考えられる。目先的には売りが優勢になりそうだが、下値は限定的だろう。7月31日の終値は250円、時価総額は約37億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR) /*snsボタン*/

【株式評論家の視点】エクスモ―ションは新事業領域への進出睨み投資活動を計画、CASE関連として見直される可能性あり(2020/01/22)
松田産業は調整一巡、20年3月期3Q累計大幅増益で通期再上振れ余地(2020/02/18)

【為替本日の注目点】ユーロドル1.21台後半まで続伸

【為替本日の注目点】ユーロドル1.21台後半...

[ベトナム株]日系海外現地法人の事業展開有望国、ベトナムが7年連続1位

[ベトナム株]日系海外現地法人の事業展開有望...

[ベトナム株]ベトテル、ハノイで5Gの商用サービスを開始 国内初

[ベトナム株]ベトテル、ハノイで5Gの商用サ...

【為替本日の注目点】ユーロ円、3カ月ぶりに126円台半ばまで上昇

【為替本日の注目点】ユーロ円、3カ月ぶりに1...

国内の伝統産業をデジタル化で活性化するラクスル、印刷に始まったDX改革がコロナ禍で脚光

国内の伝統産業をデジタル化で活性化するラクス...


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ