Searchina

メニュー

ビジネス

[ベトナム株]ベトテル、ハノイで5Gの商用サービスを開始 国内初

2020-12-03 11:00

  ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)は30日、試験期間を経て、ハノイ市で第5世代移動通信システム(5G)の商用サービスを開始した。ベトナム国内で商業ベースの5Gサービスが提供されるのはこれが初めて。

  5G対応のスマートフォン利用者は、◇ホアンキエム区、◇バーディン区、◇ハイバーチュン区という都心に位置する3つの区でSIMカードを交換することなく5Gサービスを体験利用できる。体験期間中は通信量無制限で5Gサービスを無料利用することが可能。

  同社の5Gシステムでは自社開発による機械設備と海外から輸入した機械設備を活用してサービスを展開。ハノイ市を皮切りに、南中部沿岸地方ダナン市、ホーチミン市でも5Gの商用サービスを順次開始していく方針。

  また、ベトテルとは別に、ベトナム郵便通信グループ(Vietnam Posts and Telecommunications Group=VNPT)傘下のビナフォン(Vinaphone)と情報通信省傘下のモビフォン(MobiFone)の国営2社も5Gの試験導入を行っており、2021年中に商業ベースでのサービスを開始する計画だ。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF) /*snsボタン*/

Viet Economic Research & Advisory Corp (VERAC)
2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム株経済情報」「VIETJOベトナムニュース」の自社媒体を通じ、経済、金融情 報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業730社超の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは56万社を誇る。15年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査、産業調査、市場調査に強み。
 

【為替本日の注目点】NY株急落。ドル円104円台に

【為替本日の注目点】NY株急落。ドル円104円台に

モーニングスター第3四半期決算は2ケタ増収増益で最高益更新、3年先見据えた基盤拡充計画を推進

モーニングスター第3四半期決算は2ケタ増収増...

【香港IPO】深センで商業施設を運営する星盛商業の初値は公募を14%上回った

【香港IPO】深センで商業施設を運営する星盛...

【為替本日の注目点】新型コロナ感染者世界で1億人突破

【為替本日の注目点】新型コロナ感染者世界で1...

【為替本日の注目点】米ハイテク株続伸

【為替本日の注目点】米ハイテク株続伸


Copyrightc Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved. トップ