ドル円は米5月のCPIが市場予想を上回ったことを受け109円80銭まで上昇。ただその後は、物価上昇は一時的だとの見方が広がり長期金利の低下に沿う形で下落。 ユーロドルはECBが予想通り政策維持を決めたこともあり1.21台半ばから後半でもみ合う。

 株式市場は3指数が揃って上昇。S&P500は19ポイント上昇し、最高値を更新。ナスダックも1万4000ポイントを回復する。

 債券・・・・

続きを読む