ドル円は続伸し、2020年3月26日以来となる111円64銭まで上昇。米長期金利は低下したものの、ポンドドルでドル高が進んだことが影響した。

 ユーロドルでもドル高が進んだが、小幅に留まる。1.1841までユーロが売られたものの、さらに下値を試す動きにつながらず。

 BOEのベイリー総裁は、一時的なインフレの加速には過剰反応すべきではないと発言。ポンドドルは1.38台前半から・・・・

続きを読む